本日はキッチン 天板(ワークトップ) 人工大理石の磨きの作業を行ないました。

人工大理石と人造大理石は違います。

そもそも人大(ジンダイ)とか、テラゾーとか呼ぶので、どっちも同じと思われているお客様も多いのですが、人造大理石(テラゾー)はセメントに天然大理石の粉砕を混ぜて作られた物で、人工大理石は、文字通り アクリル樹脂、ポリエステル樹脂を主成分とした人工素材です。

面白かったのは、お客さんはインターネットを駆使して自分で人工大理石を磨くセットを購入してやってみたが、インターネットに載っているような結果が出なかったとご依頼を受けたのです。

人工大理石を磨くのは、簡単そうで難しく、難しそうだけど、そうでも無いと言う。

ボクは、殆んど自己流です。ボクもインターネットで片っ端から道具を集めて、人工大理石を製造している工場にハギレを頂き研究して来ました。まだまだ終わない戦いですがね。

自分で 人工大理石を磨いてみる

自分でやってみるんだったらお勧めはコレです。

1工程目の傷取り

2工程目はコレ

3工程目の艶出しはコレ。

ね。今はインターネットで検索すると何でも簡単に手に入ります。でも、これだけでも結構なお値段になるんですよね。道具を揃えるって言う事は金がかかる(笑)しかもプロとしてお客さんの納得行く出来栄えにするとなると…そりゃね~自分でやるのが嫌だったらボクに依頼して下さい。

 

キッチン 人工大理石磨き (ワークトップ)

それでは、朝1番のキッチンの様子です。

キッチン 人工大理石磨き 作業前

キッチン 人工大理石磨き 作業前

手前の天板の上に置いている物は光沢計と言って、光の反射によって生じる艶を測定する機械で、だいたい同じ位の光沢かな?なんて言う物を明確に数字にして客観的に艶を評価する物です。これで、よりシビアに自分を追い込む道具です。

キッチン 人工大理石磨き 作業中 光沢計

 

このお宅は、I型plusアイランド型の2つの天板があります。
写真では、分かりにくいのですが 結構深い傷と小さな傷が目立ちます。

午前中の3時間は、下地作りに没頭しました。最終的にどんなにピカピカになっても、 下地が悪いと何処か品の無い仕上がりになってしまいます。インターネットで簡単に買える、アレやアレでは解決しません。

お昼休憩を取り、御飯を食べながら午前中に事務所に掛かって来た電話相談に答えて午後の部。

ここからやっと艶を出す為の工程が始まります。

午前中の終わり頃、お客さんは凄いね〜凄いね〜って言ってたんですけど(笑)

キッチン 人工大理石磨き

キッチン 人工大理石磨き

そして、この老眼鏡を置いた写真が磨きの最終工程を終えた所で、光沢計で75。

キッチン 人工大理石磨き

コーティングまでが本日のご依頼です。実は初めの段階でお客さんが、インターネットで購入したガラスコーティングが塗られていたんですよ。モヤモヤしていたので 全部剥がしましたけど・・・(笑)ここからがコーティングまで行った写真です。

キッチン 人工大理石磨き コーティング

キッチン 人工大理石磨き コーティング

嬉しい事に、実はマンションのオーナーだと言うお客さんは、自分が管理しているマンションの部屋も同じ様にして欲しいと、再ご依頼を受けました。ありがとうございます。

福岡で キッチン 人工大理石磨き のお問い合わせ

エアコンクリーニング
0120-77-8432